HOME > お知らせ >

スケジュールに取引先を紐付けることができるようになりました

スケジュールに取引先を紐付けることができるようになりました

 いつもALL-IN(オールイン)をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。このたび、「グループウェア」のカレンダーでスケジュールに取引先を紐付けることが可能になりましたので、お知らせいたします。この機能はさらに、そのスケジュールが経過した際に、自動的に「顧客管理」のコンタクト履歴にも記録され、とても便利です。

スケジュールに取引先を紐付ける方法について

feature:groupware-schedule-customer-linking-1
【図1】カレンダー画面

通常通り、カレンダーの作成画面を開きます。その中に、「アドレス帳」という項目が新たに追加されておりますので、こちらにアドレス帳の中に入っている取引先の担当者を入力し、保存をします。

これでスケジュールと取引先の紐付けが完了です!

 

スケジュールに取引先を紐付けておくことで、
下の【図2】【図3】の様に、設定したスケジュールが経過した際に、自動的に「顧客管理」のコンタクト履歴にも記録され、とても便利です!

feature:groupware-schedule-customer-linking-2
【図2】顧客管理画面
feature:groupware-schedule-customer-linking-3
【図3】顧客顧客画面 (コンタクト履歴)

※コンタクト履歴への反映は、紐付けたスケジュールが経過してから少しタイムラグがあります。

 


 お客様のご意見をもとに機能拡充に努めてまいりますので、ご要望がございましたらALL-IN画面左下の[ご質問・ご要望]より、お気軽にご連絡ください。引き続きALL-INをよろしくお願いいたします。

 

このページのTOPに戻る