HOME > お知らせ >

銀行入出金データインポート機能について

銀行入出金データインポート機能について

 いつもALL-IN(オールイン)をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。このたび、「会計/財務」に新しく銀行の入出金データインポート機能が追加されましたので、お知らせいたします。

銀行入出金データインポートの手順

・STEP1:データのアップロード
・STEP2:データの項目紐付け
・STEP3:データの仕訳・インポート
・STEP4:インポートした伝票の確認

■ STEP1:データのアップロード

feature-accounting-statement-import-1 【図1】「会計/財務」画面

【図1】のように、会計/財務の画面から[①]の「伝票取込」を選択します。その後、[②]の「入出金データインポート」をクリックし、[③]の「1.ファイルアップロード」を選択、[④]のように、銀行口座を選択します(銀行口座は「マスタ管理」より事前の設定が必要です)。
銀行口座を選択すると、ファイル選択ボタンが現れるので、インポートしたいファイルをアップロードします。

■ STEP2:データの項目紐付け

feature-accounting-statement-import-2 【図2】「会計/財務」画面

STEP1でアップロードしたデータの項目紐付けを行います。会計/財務画面の「伝票取込」の中から、[⑥]の「2.項目紐付け」を選択、[⑦]のように、銀行口座を選択します。一覧の中から、[⑧]のように、STEP1でアップロードしたデータを選択します。データを確認して項目に問題がなければ、[⑨]の登録ボタンを押します。

■ STEP3:データの仕訳・インポート

feature-accounting-statement-import-3 【図3】「会計/財務」画面

STEP2で紐付け登録したデータの会計伝票への仕訳・インポートを行います。会計/財務画面の「伝票取込」の中から、[⑩]の「3.仕訳・インポート」を選択、[⑪]のように、銀行口座を選択します。一覧の中から、[⑫]のように、STEP2で登録したデータを選択します。データを確認して項目に問題がなければ、[⑬]の登録ボタンを押し、伝票をインポートします。内容に誤りがある場合や、修正を加える場合は伝票を選択し、修正、保留、削除がを行います。

■ STEP4:インポートした伝票の確認

feature-accounting-statement-import-4 【図4】「会計/財務」画面

【図4】のように、会計/財務の画面から[⑭]の「仕訳帳」を選択します。一覧の中から、STEP3でインポートした伝票を確認できます。

 

 

 お客様のご意見をもとに機能拡充に努めてまいりますので、ご要望がございましたらALL-IN画面左下の[ご質問・ ご要望]より、お気軽にご連絡ください。引き続きALL-INをよろしくお願いいたします。

 

このページのTOPに戻る